新刊本@2x.png

​会員の新刊ご紹介

​会員の新刊書をご紹介します。ご興味のある方はご購入下さい。

​本の画像をクリックすると amazon.co.jp の掲載ページを閲覧できます。

​訳書、共著書を含めて掲載をご希望の方は事務局にメールでご連絡ください。

​ただし、掲載のご希望にそえない場合があることをあらかじめご了承ください。

発売から1年間程度掲載します。

発売日が新しい順

分水嶺.png

分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議

河合 香織 (著)   出版社 : 岩波書店 発売日:2021/4/8

クラスター対策に3密回避。未知の新型コロナウイルスに日本では独自の対策がとられたが、その指針を描いた「専門家会議」ではどんな議論がなされていたのか? 注目を集めた度々の記者会見、自粛要請に高まる批判、そして初めての緊急事態宣言……。組織廃止までの約四カ月半、専門家たちの議論と葛藤を、政権や行政も含め関係者の証言で描くノンフィクション。

「暮らしの保健室」ガイドブック

秋山正子 (総編集) 神保康子・村上紀美子・森さとこ・米澤純子(企画・編集)出版社 : 日本看護協会出版会 発売日:2021/2

訪問看護師の秋山正子さんが開設した「暮らしの保健室」。誰でも無料でさまざまなことを相談でき、そこにいるだけでホッと安心できる場所として、その活動はすっかり定着し、今では全国に多くの「暮らしの保健室」ができています。
本書は「暮らしの保健室」とは何か? 開設するために必要なものは? 運営を続けていくために工夫することは? などを詳細に解説します。

エビデンスの落とし穴 Web用.png

「エビデンス(科学的根拠)」の落とし穴

松村 むつみ (著) 出版社 : 青春出版社 発売日:2021/2/2

「エビデンス」という言葉が、最近広く使われるようになりました。「エビデンスにもとづいた」と謳われる健康法や食事法なども多くありますが、中には、過度に効果が強調されることも。
「エビデンス」も実は玉石混淆。わたしたちが、「エビデンス」とほどほどに付き合い、バランスのよい生活をするためのヒントになる本。

医療リテラシー読本.png

自身を守り家族を守る、医療リテラシー読本

松村 むつみ (著) 出版社 : 翔泳社 発売日:2020/12/17

医療リテラシーは、医療や健康に関する情報を集め、健康維持や治療などの意思決定に活用できる力のことをいいます。

現在、ネットやテレビにあふれる医療情報は玉石混淆です。

本書では、デマや、不安をあおる情報に惑わされず、医療リテラシーを身につけて実践し、健康で幸せな生活を送る方法についてわかりやすく解説します。

い肝ばい肝.png

い肝ば い肝! -肝がん死亡率ワーストワンの佐賀県で何が起きたのか?

田中 留奈 (著)  出版社:佐賀新聞社 発売日:2020/9/7

2019年秋。佐賀県は20年ぶりに肝がん死亡率の全国ワーストワンから脱却したことを宣言した。 なぜ佐賀県に肝がんが多いのか?どうしたら減らせるのか?脱却までの取り組みの全貌を伝える一冊。 官学民が手を携え、予防からフォローアップまでの「佐賀方式」を確立した軌跡をたどる。

健康禍 Web用 正方形.png

健康禍 人間的医学の終焉と強制的健康主義の台頭

ペトル・シュクラバーネク (著)  大脇 幸志郎 (翻訳)

出版社 : 生活の医療  発売日 : 2020/7/7

健康はいつから宗教になったのか
イリッチ、フーコー、ラッセル、ミル、モンテーニュ、マーク・トウェイン…分野の壁を突き抜けて現代社会の矛盾に挑んだ医師、シュクラバーネク。忘れられた傑作が、四半世紀を経た今、復活の時を迎えた。
「健康主義は強力なイデオロギーである。なぜなら、非宗教化した社会において、健康主義は宗教が欠けたあとの真空を埋めてくれるから」(本文より)

健康から生活をまもる.png

「健康」から生活をまもる 最新医学と12の迷信

大脇 幸志郎  (著) 出版社 : 生活の医療  発売日 : 2020/6/11

健康のためにがまんしていませんか?
そのがまん、しなくていいかもしれません。
いつも生活に気をつけて、最新医学を取り込むために
正しい情報を収集している方にこそ読んでいただきたい本です。